Categories
Uncategorized

「厄除け」と「厄払い」を混同して使っている人がいます

仕事で失敗の続いている同僚に対して、『厄除けした方が良いんじゃないか』とか、『厄払いしてもらえよ』などと、「厄除け」と「厄払い」を混同して使っている人がいます。一般市民の中でもこの厄除けと厄払いの違いを理解していない人が少なくありません。厄除けと厄払いの違いには基本的に以下のことがあります。●厄除けこれから起きるかもしれない厄(苦しみや災難)を防ぐものであり、厄が寄ってこないようにお寺で祈祷してもらうことをいいます。一般的に、お寺の厄除けでは護摩祈祷が行われており、大道師が人間の煩悩と看做した薪を燃やして煩悩を焼き清めます。●厄払い厄払いは払うという言葉通り、自身の中に入った厄を排除するため、神社で祈祷してもらうことです。厄除けが厄を防ぐものであるのに対し、厄払いは厄を追い払うものです。神社で行われる厄払いは、宮司や神職が大麻を振り、祝詞を読み上げる神道のしきたりに即してお祓いをします。なお、厄除けも厄払いも厄年の人だけのものではなく、誰が行っても構いません。また、厄除けと厄払いを両方受けても問題ありません。厄払いで厄を無くした後に、厄が来ないように厄除けをする人もいます。神様と仏様の両方から御加護を受けても罰当たりなことではないので、心配することはありません。